枕使わないで寝るとイケメンになれる?小顔になるメリットや枕無しで寝る方法とデメリットや世界の人と芸能人について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
枕はもう古い?顔の変わる枕無し睡眠のメリットと注意点を大公開!

スポンサーリンク

枕を使わずに寝ることが美容や健康に良いことが騒がれていますが、本当にイケメンになることができるのでしょうか?

結論を言いますと、枕を使わないで寝ることによって小顔(イケメン)になることが期待できます。

しかし、枕を使わないで寝る場合は無理は禁物です

理由は、枕使わないで寝るには個人差があり、人によっては枕なしで寝ると健康を害する恐れがあるからです。

なので、枕なしで寝る場合はタオルなどを使い徐々に低くしていくようにして、あまり無理をせず実践していきましょう。


この記事では、枕を使わずに寝ることによるイケメンになれるメリットやデメリット、そして効果的な枕を使わないで寝る方法についても紹介します。

また、世界の人々や、芸能人でも枕を使わずに寝る人がいるかどうかも探ってみました。

枕を使わずに寝ることの効果や使用する際の注意点など、イケメンになりたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

ちなみに、枕無しで寝るのに抵抗がある方は下記のような睡眠用タオルがあります。

口コミによる評価も高く、テレビでも紹介されるほどの人気タオルです。
下記のようなタオルでしたら、枕を使っているような睡眠の質を保つことが可能ですね。

スポンサーリンク

目次

枕使わないで寝るイケメンのメリットは小顔効果など

枕使わないで寝るとスタイルや健康にどのような影響を与えるのか、特にイケメンを目指す人々の間で話題になっています。

枕使わないメリットとして、下記のようなのがあります。

  • 快眠をうながし美容に良い
  • 自立神経に良い影響がある

快眠をうながし美容に良い

顔が小さく見えることは多くの人にとって魅力的で、イケメンを目指す人にとっては大事なことです。

実際、枕を使わないことで頭部の位置が低くなり、顔のむくみが減ると言われています。

理由は、血流が改善されるためと考えられているからです。

  • 血流改善によるむくみの軽減
  • 顔の形に影響を与える可能性

他にも、快眠をうながし美容に良いという点です。

枕が高すぎると頭と頸椎が自然な位置からずれ、それが睡眠の質を下げる原因に。

しかし、枕を使わないことで頭と脊椎が一直線になり、深いリラックス状態に入りやすくなります。

これにより、肌の再生力が高まり、美容にも良い影響をもたらすんですよ。

枕なしでの自律神経への影響

自律神経は私たちの体の無意識の機能を調節しています。

睡眠は自律神経にとって重要な役割を果たし、枕を使わないことが良い影響を与えると言われることがあります。

理由としては、リラックスした状態での睡眠が深くなることが挙げられてるからです。

  • 睡眠の質の向上
  • ストレスの軽減

自律神経への影響は、睡眠の質や日中の活動にも関連しています。

自律神経が整うと決断力が増し、イケメンな性格へと近づくのです。

スポンサーリンク

枕を使わない場合のデメリットも知っておこう!

この部分では、イケメンが枕を使わないことのデメリットと、それが健康にどのように影響するかを解説していきます。

枕を使わないで寝る場合のデメリットは下記の通りです。

  • ストレートネックになる可能性がある
  • 猫背になる可能性がある

それでは解説していきます。

ストレートネックの危険性

枕を使わないことで首にかかる負担が増え、ストレートネックになるリスクがあります。

ストレートネックは、首の自然なカーブが失われることで、首や肩の痛みの原因となり得ます。

  • 首のカーブの変化
  • 首や肩の痛み

このような状態を避けるためにも、首の健康にも注意を払う必要があるのです。

また、日中の姿勢にも気をつけることで、ストレートネックの危険性を減少させることができます

猫背を招く可能性

枕を使わないと頭の位置が下がり、背中が丸まることで猫背になる可能性もあります。

猫背は、背中や腰への負担を増やし、長期的には体の不調を引き起こすことがあります。

  • 背中の丸まり
  • 背中や腰への負担

このため、枕を使わない選択をする際は、背中の健康も考慮に入れることが大切です。

適切な体のアライメントを保つためにも、日々のストレッチや運動を心掛けましょう。

イケメンが枕なしで寝ると結局どうなる?

イケメンが長期的に枕なしで寝ると、ブサメンになる可能性もあります。

特に、頭と首の位置関係が変わることで体幹に影響を及ぼし姿勢が悪くなり、人によっては外見の姿が頼りなく見える場合もあります。

  • 頭と首の位置の変化
  • 姿勢への影響
  • ブサメンになる

いくら小顔になりイケメンになりそうでも、姿勢が悪かったら元も子もありません。

また、姿勢が悪くなると、内蔵にも負担が掛かり病気になるリスクもあるのです。

なので、枕なしで寝ることの影響を理解した上で自分の体と相談しながら、最適な睡眠方法を選ぶことが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

イケメンを目指す枕なしで寝る方法

ここでは、枕を使わないで寝る方法と習慣や継続のコツについてお伝えします。


その前に実施する場合に気をつけて欲しいことがあります。

決して無理はしないことです。

無理して枕なしで寝ると、個人差がありますが体調不良になる可能性があります。

なので無理をせず、枕代わりにタオルを折りたたみ、徐々に低くして行いましょう。

枕を使わないで寝る方法

枕を使わないで寝るには、まずは正しい姿勢を身につけることが大切です。

背中がまっすぐになるように平らな場所で寝ることを心がけましょう。

始めは少し不快かもしれませんが、徐々に体が慣れていきます。

  • 平らな場所での睡眠
  • 姿勢の改善

このように言うと簡単そうに思えますが、実際には体が慣れるまでには時間がかかるでしょう。

それからというもの、枕を使わない生活が快適に感じられるようになるかもしれません。


ですが、無理は禁物なので、すこしでも違和感を感じるようでしらやめておきましょう。

枕無し生活の始め方

先ほどもお伝えしたとおり、枕無しでの生活を始めるには段階的に枕の高さを低くしていくこともおすすめです。

突然枕を使わないと首に負担がかかることがあるため、徐々に慣らしていくことが大切だからです。

  • 枕の高さを徐々に低くする
  • 首への負担を減らす

多くは、急な変更よりも徐々に慣れさせる方が体に優しいです。

このように考えると、枕なし生活への移行もスムーズに進むでしょう。

枕を使わない生活の継続性

枕を使わない生活を続けるためには、日々の習慣を見直すことも重要です。

寝る前のリラックスタイムを設けるなど、質の良い睡眠を取るための工夫をしましょう。

  • 日々の習慣の見直し
  • 質の良い睡眠への工夫

そしてもう一つは、継続するためのモチベーションを保つことです。

自分にとってのメリットを明確にすることが、継続の鍵となります。これができれば、枕を使わない生活も長く続けられるでしょう。

ちなみに、枕無しで寝るのに抵抗がある方は下記のような睡眠用タオルがあります。

口コミによる評価も高く、テレビでも紹介されるほどの人気タオルです。
下記のようなタオルでしたら、枕を使っているような睡眠の質を保つことが可能です。

イケメンでも枕は使った方が良い理由

イケメンを目指す多くの人々が枕を使わない生活に興味を持っていますが、実際には枕を使うことの方がイケメンとしてのメリットがあります。

ということで、ここでは枕を使うことのメリットについて解説します。

さらに、あなたの睡眠の質を高めるために、どのように枕を選べばよいかについてもアドバイスを提供します。

枕を使うことの長期的なメリットが得られる

枕を使うことには、首や肩への負担を軽減し、快適な睡眠をサポートするという長期的なメリットがあります。

そして、適切な高さと硬さの枕は睡眠中の体の姿勢を整え、深い睡眠を促進させるのです。

  • 首や肩への負担軽減
  • 快適な睡眠のサポート

上記のようなメリットは、日々の疲れを癒し、次の日の活動に備えるために重要です。

また長期的に見て、良い睡眠は健康維持に不可欠な要素となり、いつまでも若さを保てるような肌の質の向上でイケメンに近づくことが可能となります。

なので、枕はできるだけ使った方が若さを保てるので、イケメンになれるのです。

自分にあった枕の選び方

枕を選ぶ際には、自分の体型や寝姿勢に合わせた形状や硬さが重要です。

例えば、横寝を好む人には首をしっかり支える高めの枕が適しており、仰向けで寝る人は首のカーブにフィットする低めの枕が理想的です。

また、素材選びも大切で、メモリーフォームは体の形に合わせて沈み込み、羽毛や綿は柔らかさと通気性を提供します。


さらに、試し寝をしてみて、自分に合った感触を確かめることも重要です。

耐久性や清潔さを保ちやすい素材を選ぶことも、長期的な快眠には不可欠です。

適切な枕を選ぶことで睡眠の質を向上させ、日中のパフォーマンスの向上にもつながります。

自分にぴったりの枕を見つけて、健康的な生活をサポートしましょう。

オーダーメイド枕は面倒だけど欲しい場合

オーダーメイドの枕は欲しいけど、価格は高いし、いちいち店に行くのが面倒です。

そんな私みたいな面倒くさがり屋さんには、ご自身で高さや硬さを調整する枕がうってつけです。

オーダーメイド枕に比べ安く、ご自身の調整で好みの枕を体験できます。

>>フィッティングが可能なアイメイドシリーズはコチラ

枕を使わない世界の人々とライフスタイル

世界には枕を使わない睡眠文化を持つ国々があり、そこでは枕無しでの睡眠が一般的です。

では、彼らはなぜ枕なしで調子がいいと感じるのでしょうか?

ここでは、枕を使わない各国のライフスタイルがもたらす可能性についてお伝えします。

枕を使わない国

世界には枕を使わない睡眠文化を持つ国があります。

下記の国の一部では、枕無しで寝る人が多くいるのです。

  • エジプト
  • 中国
  • モンゴル

古代エジプトでは、枕なしで寝ることが一般的でした。ただ、砂の山や木を束ねた上に頭を置いて寝ていたとのことなので、「たんに枕という物自体が無かっただけではないか」とされています。

中国の一部では、枕無しで寝ることが健康に良いと信じられていた為に、枕無しで寝る文化があるのです。

モンゴルでは、もともと枕を使わない人が多くいます。

上記のような文化を持つ国々では、枕を使わないことが長い歴史を通じて自然と受け入れられています。

しかし、これはその地域の気候や生活様式に根ざした習慣であり、一概に他の地域での健康に良いとは限りません。

世界の人では枕なしで調子がいいと感じている

前述でお伝えした通り、枕を使わないと頭が低い位置になることで、頭部への血流が改善されると感じる人もいます。

これにより、目覚めが良くなったり、頭がスッキリするという報告があります。

  • 頭部への血流改善
  • 目覚めの良さ

ただし、枕無しの生活に身体が慣れているための感覚なので、今まで枕を使って寝ている人には上記のような効果は期待はしずらいでしょう。

また、あくまで個人の感覚でもあり、科学的な根拠に基づいたものではないことを理解する必要もあります。


したがって、自分にとって快適かどうかは、試してみることでしか分かりません。

スポンサーリンク

枕を使わない芸能人は有森架純さん

枕を使わない生活を公言する芸能人がいて、その人は有森架純さんです。

livedoor Newsサイトに飛びます↓
>>寝るときに枕を使わない有村架純「気道確保のため」理由に驚き

有森さんは、より良い睡眠のために「気道確保」を目的として枕を使わないとのこと。

撮影前の緊張感からくる睡眠の悩みを解消するための工夫の一つのようです。


有森さんのような芸能人の例は多くの人にとって興味深いものですが、彼女らの生活スタイルが一般の人にとっても適しているとは限りません。

芸能人の実例は参考になるかもしれませんが、自分自身の体と相談しながら、最適な睡眠方法を見つけることが大切ですね。

スポンサーリンク

枕使わないとイケメンになれる?まとめ

  • 枕を使わずに寝ることで小顔効果が期待できる
  • 枕なしで寝る場合、個人差があり無理は禁物
  • 快眠や美容、自律神経への良い影響がある
  • 枕なしだと血流改善による顔のむくみの軽減が見込める
  • 枕が高すぎると睡眠の質が下がる可能性がある
  • 枕を使わないとストレートネックや猫背になるリスクも考慮する必要がある
  • 枕なしで寝る方法として、タオルを使うことが提案されている
  • 枕を使わない生活へは徐々に慣れさせることが推奨される
  • 適切な枕を選ぶことが長期的な健康メリットが得られる
  • 世界には枕を使わない睡眠文化が存在する

枕を使わない生活に興味があるなら、自分の体と相談しながら健康を害さず無理のない範囲で試してみることが大切です。

美容や健康への影響は個人差が大きいので、自分に合った方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェア頂けると嬉しいです!
目次